家庭教師sacaue

新潟市の個人家庭教師

新潟市の個人家庭教師ープロフィール&指導方針

1.プロフィール

パーソナル情報

氏名:坂上(さかうえ)せんせい
年齢:30歳
拠点:新潟市江南区
最終学歴:国立高専電気工学科卒業
趣味:ギター、サッカー、パソコン、渓流釣り

指導教科

小学生:国語・算数
中学生:国社数理英
高校生:理数科目
得意科目:数学・理科・英語

2.指導方針

褒めながらも着実に成績アップする指導を心がけています。
家庭教師が長々と解説する『説明スタイル』の指導ではなく、生徒さんが自分で答えにたどりつけるように『質問スタイル』の指導をしています。
イメージとしては
説明型は、家庭教師が運転席で運転しながら助手席の生徒に道を教える
質問型は、家庭教師が助手席からアドバイスしながら運転する生徒に道を教える
感じです。
家庭教師ならではのメリット、「オーダーメイドの授業」が行えることです。生徒さんの理解度をしっかり確認した上で次に進み、理解が十分でなければ戻って穴となっている部分をしっかり定着させます。オール2の生徒さんからオール5の生徒さんまで、説明やアプローチの方法をお子さん一人一人に合わせて授業を行います。

定期テストについて・・・

多くの家庭教師の方が、教える側こそ楽な『復習スタイル』で指導している現状がありますが、私は生徒さんの進度に応じて『数学は完全予習スタイル、英語は予習復習スタイル』で指導しています。
完全復習ですと、「学校の授業が分からずほとんど聞いていない→家庭教師でようやく理解する」というように学校の授業が1教科当たり毎週何時間も無駄になってしまいます。
逆に予習を優先の方法ですと、「家庭教師の授業である程度分かる→学校の授業でほぼ完璧になる」というように家庭教師、学校の授業の両方の時間を有効に用いることができます。
ホームの成績アップ例の子たちも皆、この方法で成績アップを実現しています。

もちろん、家庭教師の短い時間で成績アップはまず不可能です。生徒さんと量を相談しながら、定着させるための毎日の学習課題も毎週出しております。

また教科書も、重要なポイント等は全ての教科書で共通ですが、進め方が微妙に違うところもあります。特に英語は教科書ごとに作りがかなり違い、文法を習う順番、文法と会話表現の学び方がそれぞれの教科書で独特です。それで新潟市の中学校で採用しているNEW CROWNに特化した指導も行えるよう対策しております。

受験指導について・・・

学校の受験教材(新研究・整理と対策・マイペースなど)を十分に用いつつ、入試過去問、模試過去問などを用い、実践的な問題に対応できるよう指導しております。毎年の受験問題を十分に分析していますので、新潟の公立高校の受験で着実に点数をとることができるよう指導いたします。
例えば…数学は多くの生徒さん親御さんが文章問題を重視する傾向にありますが、実際は大問1の基礎計算、大問2の少しだけ難易度が高い問題だけで40点以上のウエイトを占めます。まずはそこを落とさないことを優先した上で文章題を演習します。
また、英語も新潟県の入試では大問2と大問4が会話文、長文となっており、全体の半分以上を占めます。穴埋め問題や発音問題も演習しますが、長文対策、そしてそのための単語(書く力も大事ですがまずは読み意味をつかむ力)を早い段階で行うことで安定した点数を取れるよう指導しております。

さらに、新潟の公立高校で近年行われている学校独自検査の筆答試験対策もしております。

多くの方から内申点って??というお話を頂きます。
新潟の公立高校の点数計算など役立つ情報をこちらの記事にも掲載しておりますのでご覧ください。

性格は・・・

よく親御さん方に「先生は優しすぎるのでもっとスパルタにお願いします」と言われるような性格です。
生徒さんからはおっとり系と言われます。
勉強は楽しんでほしいですので、本当に必要な時しか叱らないようにしています。
どちらかというと話し上手というより、聞き上手です。

あと若干童顔ですので、時々学生に間違えられてしまいます。

以上長くなりましたが是非一度無料体験でお気軽にお試しいただけたら幸いです。

2017/03/31